レンタカーで観光。交通機関で観光。お得なのは?メリットとデメリット

国内旅行で現地を移動する場合があります。単純に滞在地がひとつならば、それほど問題になりません。しかし、現地で移動がたくさん伴う場合は、どのような移動手段を使うかが問題になります。今回は【レンタカーで観光。交通機関で観光。お得なのは?メリットとデメリット】をテーマに迫ります。特に北海道旅行の場合は周遊型の旅行になります。

レンタカーにはどのような特徴があるのか?

レンタカー運転
旅行を満喫する場合は、いろいろな交通機関を利用すると楽しみが増えます。利用できる交通機関を挙げてみると「電車」「バス」「タクシー」になります。「電車」や「バス」はタイムテーブルがありますから、それに合わせなければなりません。「タクシー」は料金が高額です。セレブの方々ならば「タクシー」とか「ハイヤー」を使う手もありますが一般庶民はできるだけお金をかけたくないのが本音。

レンタカーは自分で運転しなければなりませんが、いろいろ便利なところも多いのです。では、特徴をまずはあまとめるところからスタートしましょう。

1番目は「自由に動けること」です。これが一番の魅力ですし、今はあらゆるところでレンタカーが借りられるインフラが整備されています。宿泊場所からいろいろな観光地に移動できますし、周遊旅行ともなると荷物も増えます。「電車」や「バス」の場合は荷物を運ぶことから厄介です。

レンタカーの場合は自由度がとっても大きいです。旅行中の貴重な時間を有効に使えるのが大きいですね。宿泊先や観光地も自由に移動できますから、1日のスケジュールが設定しやすいです。いきたい観光地にバスや鉄道が通っていなければ、諦めるしかありません。

レンタカーの場合は車種も指定できます。その旅行の目的や気分によって選べますから気分もウキウキします。マイカーならば普段の車ですが、レンタカーならばチョッピリお洒落なスポーツカーをレンタルしたり高級車をレンタルしたりもできます。

2番目は「利用のしやすさ」があります。レンタカーの営業所は駅周辺・空港のカウンター・街中にも多いです。利用する場合は、事前に営業所の位置を確認しておけばスムーズに手続きが進みます。インターネットで予約すれば料金もおトクです。さまざまな利用規約があるので確認しておくことも大切です。

3番目は「旅行費用が節約できること」です。「電車」「路線バス」「タクシー」などの交通機関を利用すると交通費がどうしても高くなってしまいます。レンタカーの場合はレンタル料金・保険料・ガソリン代・高速道路代だけで済みます。

特に、北海道・沖縄などの旅行で満喫したいならば、現地での交通の便をしっかりと考えておきましょう。公共交通機関を利用する魅力もあるのですが、レンタカーを利用すると以上のような特徴があります。
全国のレンタカーを一発検索予約

レンタカーを利用する場合にマイナスポイントはないの?

レンタカーではしゃぐ女性
メリットが多いレンタカーですが、デメリットがないわけでもありません。特に北海道や沖縄でレンタカーを利用する場合は、注意点もありますのでこの記事を参考にしておいてください。

1番目は「営業所の営業時間があること」です。中には24時間営業をしている店舗もありますが、営業時間が決まっている場合は、借りる時間・返す時間に制限ができてしまいます。こういった時間の制約がデメリットのひとつです。

営業所によって時間が違いますから、その時間帯に出向かなければなりません。24時間営業出ない場合は、オープン時間に合わせて計画を立てるようにしましょう。複数のレンタカー会社の店舗を比較してみましょう。あなたのプランに合致するところを見つけるように意識してください。

2番目は「希望するレンタカーの車種がない場合もあること」です。レンタカーを借りようとしても、希望する車種がない経験をした人も少なくないでしょう。たくさんの方々が毎日レンタカーを利用します。どうしても借りることができる車種は限定的になってしまうのです。

そういったことを避けるには、無予約でいくのではなくて、事前に予約しておくことが大事。しかし、旅行の場合には、いきあたりばったりで計画なしの旅行も楽しいのです。そんな場合は注意が必要です。大手のレンタカー会社の場合は、たくさんの車種を備えています。どうしても希望の車種があるならば、事前予約はマストです。

3番目は「コスト面のデメリット」です。店舗によって極端にレンタル料金が違うことがあるので、探すのに手間がかかることでしょう。また、キャンセルする時期によってはキャンセル料が発生します。利用条件をしっかりと確認しておくようにしましょう。

交通機関を利用する場合のメリットとは?

北海道や沖縄のように観光地で巡るエリアの範囲が広い場合は効率的に周る必要があります。どれがいいのか、まずはメリットをあぶり出してみましょう。

1番目は「バス」を利用するメリットです。「移動している間に仮眠をとることができる」「路線が比較的多い」「料金が安い」などがあります。バスの種類としては、夜行バス・長距離バス・観光バス・都市間バス・路線バスなどがあります。訪問先によって、いろいろなバスを選べますので、これもメリットになります。

訪問先にレンタカーがない場合もバスは有効な移動手段になります。例えば北海道の場合は夜行寝台列車がありません。観光地とホテル・旅館の移動の場合には貴重な方法になります。

2番目は「鉄道」です。利用する場合は目的とする駅まで出向かなければなりません。駅から観光地までは、また別の移動手段が必要です。目的の観光地が駅の周辺であればいいのですが、遠い場所となると不便であることは否めません。

いかがでしたでしょうか?

レンタカー・バス・鉄道、それぞれに特徴がありますし、メリット・デメリットがあります。皆さまの旅行スタイルにマッチした移動手段を考えましょう。北海道や沖縄はレンタカーが便利であると思います。北海道は九州の2.3倍もある広さです。観光で周遊するにはレンタカーが圧倒的に便利です。

鉄道やバスの運行本数も少なくなっていますので、そういった側面からもレンタカーをお勧めします。しかし、雪が降る冬場は避けて夏場だけにしておくほうがいいです。具体的には10月下旬から4月上旬はお勧めしません。5月でも山間部では雪が残っていますので、道路状況も旅行前に確認するようにしてください。