長距離の旅行になるとマイカーでいくのは、ちょっと躊躇しませんか?特にドライバーがひとりしかいない場合は負担も大きいですね。そんなときは鉄道とレンタカーを使うのはいかがでしょうか?今回は【駅レンタカーはどういった特徴があるのか】についてお話します。

駅レンタカーは公共機関だけではつまらない人に向いています。

駅レンタカーの良いところは切符を購入するときに同時にレンタカーのチケットを購入すれば割引が受けられること。JRの子会社が経営しているチェーン展開ですから、とっても利用しやすいです。割引をしてもらえるには、一定の条件があります。

基本的にはJRグループの「きっぷ」と「駅レンタカー」を一緒に申し込むだけでOKです。乗車券が2割割引されますから、かなりおトク。旅行先でレンタカーを使いたいタイプの旅行ならば利用価値があります。例えば往路がJRで復路が飛行機を使う場合もあるでしょう。

そんな場合はJRの利用が片道になります。指定された距離を満たすことで割引できますのでチェックしてみましょう。セット購入の割引除外になるのですが、営業書があれば駅や空港に乗り捨てもできるので以外と便利です。

駅レンタカーのデメリット

使い勝手が良い駅レンタカーですが、注意したいこともあります。お盆時期やゴールデンウイークの時期など多客期は割引が除外されることです。割引を目当てにする場合は注意をしましょう。それと貸出が24時間単位となります。1時間だけでも返却が遅れたら1日分余分な出費になります。
割引条件をクリアしても他の割引との併用はできないのです。きっちりと見ていくと面倒だったり不便なケースも見られます。

いかがでしたでしょうか?

駅レンタカーはどういった特徴があるのかをご紹介しました。JRを一緒に利用しなくても旨みはあります。料金を見てみると1300から1400ccクラスの場合は大手のレンタカー会社よりも安く設定されている場合もあります。駅レンタカーは単独でレンタカー予約もできます。料金体系で他のレンタカー会社とは違うクラスでの利用もできたりします。

関連する記事