旅行先でレンタカーを使うシーンは北海道や沖縄では特に多いです。レンタカー会社は多いですが、どの会社でも借りる方法や返す方法などの仕組みは共通している部分も多いです。今回は【一般的なレンタカーの利用方法】をご紹介しています。

当日でも借りられますが予約したほうがベター

基本的には予約をして希望する車種を確保しておくことです。当日、飛び込み利用でも借りることもできます。ですが、多客期に旅行する場合、人気車種を借りることはできないかもしれません。車種が限定されてしまうケースも少なくないです。

別に車にこだわらず運転できるならば問題ありません。ですが普段乗り慣れていない車種になると不安もあるでしょう。車ならばなんでもいい人以外ならば予約するのが無難。

どういった予約方法があるの?

予約センターに電話をしたりネット予約をしたりすることが多いですが、直接店舗に行ってもいいです。最近ではiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンのアプリで予約できる店舗もあるので気軽に使えます。お金を支払えば誰でも利用できるのではなくて、契約になります。

レンタカー会社は大切な契約項目をユーザーに説明しなければなりません。契約書の作成もありますし、車両の確認もあります。初めて、そのレンタカー会社を使う場合は想像以上に時間がかかります。予約している時間よりも早めに出向くこと……これをこころがけておきましょう。

また、予約時間から一定時間が過ぎるとオートキャンセルになります。もしも予約時間に遅れるならば連絡をするようにしましょう。

キャンセル料はどうなっているの?

レンタカー会社によって違いますが、1週間前からキャンセル料がかかります。直前になればなるほどキャンセル料の比率も高くなります。

いかがでしたでしょうか?

一般的なレンタカーの利用方法の注意点をご紹介しました。返却する場合はガソリンを満タンにすることが基本です。不足している場合はガソリン代と給油の手間賃を支払うことになります。大手のレンタカー会社の場合は系列の営業所に乗り捨てできます。空港内や駅に営業所があるようなレンタカー会社を選ぶと便利です。

関連する記事