沖縄旅行をする場合に現地移動はレンタカーがお勧めされますが、同行するメンバーが自動車運転免許を持っていなければ無理です。では、どのような方法があるのでしょうか?今回は【沖縄旅行でレンタカーを使わない場合の交通手段】についてまとめておきましょう。

タクシーを利用する場合のメリット・デメリット

乗っているだけで訪問先につれていってくれますし、道に迷うこともありません。また、料金は本土よりも割安になっていますから、人数が多い場合、割り勘にするとおトクな面もあります。ドライバーさんから現地の活きた情報をもらえますし、観光バスのように荷物を運ぶのも楽になります。疲れたら眠ることもできます。

こんなメリットもありますが、料金は交通機関の中では一番高いです。ひとりで利用するとか二人の場合は割高になります。4人グループならばおトクです。また長距離になると値段も高くなりますから、短距離の移動に向いているでしょう。

路線バスを利用する場合のメリット・デメリット

レンタカーやタクシーよりも料金は安いですし、運転する必要がないので、沖縄の風景をしっかりと楽しめます。海側の席を確保できれば最高!ローカルの人達との触れ合いがあるかもしれません。バス停に行くまでに、車では見つけにくいショップに遭遇するチャンスもあります。

デメリットとしては時間がルーズであることでしょう。後ろを見たら次のバスが追いついてきている場合もありますし、ルートが決まっていますから寄り道はできません。

観光バスを利用する場合のメリット・デメリット

離れた場所にある人気のスポットも効率的にスケジュールに組み込んでいます。面倒な乗り換えもありませんし、タイムテーブルを確認する必要もありません。

その半面、興味のないような観光地も省くことができません。予約をしなければなりませんし、自分の好きなだけ滞在するような自由度は制限されます。

いかがでしたでしょうか?

沖縄旅行でレンタカーを使わない場合の交通手段についてまとめました。参加するメンバーや旅行の目的によって使い分けるようにしましょう。

関連する記事