旅行先でレンタカーを借りる観光地として多いのが北海道と沖縄です。特に最近の沖縄はとってもブームになっています。沖縄本島だけでなく離島へ旅行するリピーターも多くなっています。何度も訪問するとありきたりな観光地ではなくて、好きなところへ行きたいのです。マリンスポーツも盛んです。移動手段としてどれを選べばいのでしょう。今回は【沖縄旅行でレンタカーを使う場合のメリット・デメリット】について掘り起こしてみましょう。

沖縄本島は想像以上に広い

那覇空港は南部にありますが、北部まで行くとなると結構時間がかかります。移動手段をレンタカーと路線バスに絞って、それぞれのメリット・デメリットをあぶりだしましょう。ちなみに沖縄本島には鉄道がありません。移送手段は、自分達で運転する「レンタカー」なのか、自分達で運転しない「タクシー」「観光バス」「路線バス」になります。また、那覇市内だけですが「ゆいレール」があります。

沖縄観光でレンタカーを利用するメリットとデメリット

あちらこちらと興味があるところを自由に寄り道できることが一番大きいです。また、沖縄は暑い気候ですが、バスの時間を待つことも、バス停まで有るかなくても良いです。お土産にかさばる物を購入しても持つ必要がありません。

北部や南部はバスの便数が少ないので、レンタカーのほうが便利ですし、バスが運行していない夜も遊びに行けます。もちろん運転手はお酒が飲めませんが……。

では、どういったデメリットがあるのでしょうか?
新しい店舗などは、まだまだナビに反映していないので困る場合があります。那覇周辺は渋滞が激しい時間帯があります。特に朝や夕方の通勤通学時間です。主要道路が少ないので、一度渋滞するとなかなか解消しません。

特にピークシーズンの美ら海水族館は渋滞することを覚悟しましょう。ドライバーは大変です。渋滞するのはバスでも同じですね。国際通り周辺は駐車場がなかなか見つからないのもデメリットです。

いかがでしたでしょうか?

沖縄旅行でレンタカーを使う場合のメリット・デメリットをご紹介しました。
これ以外に、沖縄独特のルールで、那覇周辺のバス専用レーンに注意しましょう。間違って走行すると罰金対象になります。

関連する記事