国内を旅するときに、現地でいろいろと動き回りたい場合に公共交通機関で行けない場所となるとタクシーを利用することもあります。しかし、あちらこちらとなると高額になります。だから自動車運転免許がある人はレンタカーを借りることも少なくありません。ですが不慣れな土地でもあるので事故が心配。今回は【レンタカーでの事故が起きたときの対処方法】についてまとめておきましょう。

事故が起きた場合の初期対応は?

交通事故を起こしてしまったり、巻き込まれてしまったりした場合は、マイカーで運転しているときと同じように対応しましょう。まずは安全確保をすること。そして警察への連絡です。その後、マイカーの場合は保険会社へ連絡をします。レンタカーの場合は、レンタカー業者への連絡が必要です。

レンタカー会社を経由して任意保険に加入している保険会社へ連絡されます。それほど大きな事故でなく自走できる場合でも、警察に連絡して事故証明をとりましょう。これがないと保険金は支払われません。自腹で修理しなければならないハメになります。

レンタカー以外の物損や相手がある場合も警察に連絡することは必須になります。しっかりと覚えておいて欲しい事柄です。

交通事故を起こして車両を損傷してしまった場合は保険金を使って修理します。これとは別に負担金額の支払いがあります。自損事故だけでなく、もらい事故でも同じです。レンタカーを使っている場合のもらい事故は損になります。休業補償に関しては、例えもらい事故でも契約者が支払わなければならないのです。

軽い自損事故の場合はどうなるの?

こういった場合は警察に届けないこともあるのでしょう。届出がない自損事故は全額自腹になるレンタカー会社も多いです。軽い自損事故であっても、きちんと届けましょう。

事故証明がもらえないケースもあるでしょう。また、まったく自覚がなく、凹んでしまったケースはどうなるでしょうか?レンタカー会社は一般的に車両保険に加入しています。凹みや軽い傷程度ならば車両保険での対応になります。しかし、別にレンタカー会社が車両保険に加入する義務はありません。免責事項で足りるとは言い切れません。

いかがでしたでしょうか?

レンタカーでの事故が起きたときの対処方法について説明してきました。自損事故に関しては契約の段階で説明があります。保険の中身や事故が発生したときの対処についての説明はしっかりと聞いておきましょう。

関連する記事