旅行に行ったとき、現地での移動が多い場所があります。例えば、北海道や九州・沖縄……。そんなときに役立つのがレンタカーです。主要駅や空港にはレンタカーのカウンターがあります。交通機関で現地に到着したら、手続きをすれば、ササッと観光に入れます。この記事では【レンタカーを利用する場合の料金体系】について解説します。

基本料金をまずは理解しよう!

ベースになるのが、この基本料金で、レンタカーの車両そのものを借りる料金になります。検討する場合に一番にチェックする部分になるでしょう。任意保険・保守点検・整備費などもこの基本料金には含まれるのが一般的です。

車の種類や利用用途・車種によるクラス分けが一覧表になって掲載されています。レンタカー会社によってクラス分けは少々違っています。同じくクラスの車から指定されて、自分の希望する車をピンポイントでは選べないようになっているのが一般的なルールです。

基本料金は時間ごとや日付ごとの料金設定になっています。レンタカーを利用する時間が長くなればなるほど1時間あたりの利用料金は下がるようなシステムとなっています。たくさんの時間を借りてくれたら安くなるような施策をしています。

基本料金以外にはどんなものがあるの?

基本料金以外には、チャイルドシート・チェーン装備・カーナビなどがオプション設定でありますが、最近はカーナビが標準になっているケースも少なくありません。乗り捨て料金や免責保証に加入するならば、その料金が追加で必要です。ユーザーに使い方に応じて料金が追加されるようなシステムとなっています。

料金の支払い方法はどのようになっているの?

清算方法は先払いが一般的です。返却が遅くなって延滞料が必要になれば返却時に清算しなければなりません。連絡しないで延滞してしまうと、違約金が発生することもあるので注意してください。交通渋滞や事故で返却時間に間に合わないようならば、早めに連絡しましょう。

いかがでしたでしょうか?

レンタカーを利用する場合の料金体系について基本的な部分はご理解いただけたでしょう。支払いはクレジットカード払いが推奨されます。もしも現金で支払う場合は免許証以外の現住所を照明する書類の提示が必要になることもあります。ハイグレードの高級車はクレジットカードの提示がないと貸してくれない場合あるので確認しておきましょう。

関連する記事